« 私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる(齋藤孝・梅田望夫) | トップページ | 構造化するウェブ (岡嶋裕史著) »

風のように

今週はとても悲しい出来事がありました。
みいちゃんdogMダックス、5才)が、、、火曜日に突然逝ってしまいました。
末期の肺癌ではありましたが、預かりさんの愛情に包まれて、病気とは思えないほど、毎日笑顔で元気に暮らしていました。(犬ってこんなに笑うんだったっけ?と思えるほど)
患部切除は断念したものの、漢方治療で有名な先生に出会い、今週から治療を開始するところでした。症例として癌が小さくなったという実績もあり、みいちゃんを応援する支援物資があちこちから届けられていた矢先の出来事でした。

唯一救いなのは、苦しんだ様子がみられないこと。前の晩には、先住犬を追いかけまわしてさんざん遊んで、楽しい夢の続きを見ているかのような安らかなお顔でした。
木曜日には供養されて、天国へと旅立っていきました。預かりっこではなく、本当の家族として。。。

みいちゃんが教えてくれたことは本当にたくさんあります。
動物だって元気な日々だけではありません。人間と同じように、病気にもなるし、年もとります。これら全てを含めて命と向き合うことは、言葉でいうほど簡単なことではないでしょう。犬や猫と暮らしたことがない人も、もし飼おうと思うなら、想像力を働かせて、よく勉強して、色々なことを覚悟したうえで、決断して欲しいと思います。

みいちゃん、もっともっと生きていて欲しかったけれど、ゆっくり休んでね。
あなたのことは決して忘れません。

ひとつだけ by 矢野顕子

|

« 私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる(齋藤孝・梅田望夫) | トップページ | 構造化するウェブ (岡嶋裕史著) »

いきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる(齋藤孝・梅田望夫) | トップページ | 構造化するウェブ (岡嶋裕史著) »